団体旅行の時には、実は貸切バスを利用すると多くのメリットを感じることができるのです。

団体旅行をするときに貸切バスを利用するメリット

団体旅行をするときに貸切バスを利用するメリット


会社の慰安旅行、サークルの旅行、クラブの旅行、気の合った仲間同士の旅行など団体で移動するとき、移動手段はどうしていますか?各自自分で交通手段を調達しての現地集合でしょうか?あるいは、全員で公共交通機関を利用しての移動でしょうか?それらの方法にももちろんメリットはありますが、団体旅行の時には、実は貸切バスを利用すると多くのメリットを感じることができるのです。そのメリットについて紹介します。

まず、参加者全員で盛り上がれます。団体旅行の場合、気心の知れた仲間と行動することになりますので、移動時間も楽しい時間となります。これが、公共交通機関の利用ですと周囲の一般のお客さんに遠慮をして十分に盛り上がることはできませんし、各自が移動した場合は、みんなで楽しんだという満足感に欠けます。その点貸切バスであれば、乗った瞬間からビールを配って宴会を始めることも可能ですし、どれだけ騒いでも誰からも文句を言われることはありません。団体旅行の親睦の時間を宿にいるときだけではなく、移動中にも広げられますので旅行の楽しさを何倍にもすることができます。

そして移動のコースを自由に選べることも重要です。公共交通機関や決まったコースを回るツアーなどに団体で参加した場合、当たり前ですが、コースを選ぶことはできません。例えば、俳句の趣味の人が集まったサークルで団体旅行をする場合は、吟行するうえで行きたい場所もあるでしょうが、ツアーではそのようなコースを選んでいくことはできません。ツアーで決まっていることを決まった行程でまわっていくことになります。しかし、貸切バスですと自由にコースを選べますので、参加者のニーズやプロフィールに沿ったコースを設定することができ、かつ経由地での時間の使い方も自由に設定できますので、目的のある旅行であればあるほど参加者の満足度は格段に上がります。

さらに、費用が心配な方も多いかもしれませんが、実はトータルで考えると費用が安くなります。公共交通機関を使って何人かが集まって移動したり、すでにあるツアーなどに参加した場合、それらの合計の交通費を合算すると、確実に1台の貸切バスを用意するよりも高い費用になります。これは貸切バスのほうが、中間に無駄なコストがかからないためです。だいたい、30人乗りの貸切バスは1日で、走る距離にもよりますが、数万円から用意することができます。ですから、旅行の費用全体を抑えたいと思うのであれば、貸切バスを用意するのが選択肢としてはベターになります。

また、迷子になる人が出ないこともメリットと言えるでしょう。また、公共交通機関を各自が利用したり、自分で車を運転して現地集合したりする場合、一番困るのは、途中で道に迷って時間までに最終目的地にたどりつけないことでしょう。こうなると、その人が到着するまで、全体のスケジュールは止めざるを得ないので、ほかの参加者に多大な迷惑がかかることになってしまいますし、その遅れてきた人がちゃんとたどり着くのか心配し、場合によってはルートの指示や迎えに行くことまで必要なってくることがあります。こうなると、その旅行の段取りは崩れてしまうことになります。貸切バスであれば、全員を一括で運びますので、このようなトラブルが起きる確率は格段に下がります。

さらに、幹事に選ばれた人の負担が少ないこともメリットです。貸切バスの利用は、最終的に幹事の仕事を楽にします。先に書いたような、集合時間に到着しないなどのトラブルも防ぐことができます。同時に、交通費や旅行費用の計算、回収などの事務作業についても非常に楽になります。以上のように団体旅行の場合、貸切バスの利用は非常にメリットがありますので、団体旅行を考えているのであれば利用を考えてみてはいかがでしょうか。


新着情報news

2017年01月19日
ホームページを更新しました。